保険法人検査実施確認書の発行

すまい給付金の申請には、「検査実施が確認できる書類」が必要です。

住宅瑕疵担保責任保険(任意保険を含む)の付保証明書または建設住宅性能評価書がない場合は、住宅瑕疵担保責任保険法人検査実施確認書」が必要です。

「住宅瑕疵担保責任保険法人検査実施確認書」は、住宅瑕疵担保責任保険の検査と同等の検査を受け、住宅瑕疵担保責任保険加入住宅と同様の良質性が確保されていることが確認された場合に発行されます。

センターでは、保険法人検査実施確認書の申請受付及び検査を行っています。

保険法人検査申請の受付

  1. 保険法人検査申請書に設計図書、地盤調査報告書等を添えて、原則として住宅の着工前に申し込んでください。
  2. センターは、提出書類の内容に不備がないことを確認し受付します。当センターの受付印(日付印)を押印した申請書の写しを「受取証」としてお渡しします。
  3. 引受承諾書兼請求書が、後日、保険法人から申請者に直接郵送されます。

保険法人検査

  1. 検査は、住宅瑕疵担保責任保険(以下、「瑕疵保険」といいます。)の検査と同様の内容で実施します。
    • 構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分について、瑕疵保険の設計施工基準に基づき検査します。
    • 検査の時期については、瑕疵保険と同様です。3階建て以下の木造住宅では、基礎配筋工事完了時(第1回)、及び躯体工事完了時(第2回)です。
  2. 検査員の手配等が必要ですので、検査予定工程に達する日の4日前までに検査申込みしてください。
  3. 検査料は、保険法人が申請者に請求します。検査料は、保険法人にお問合せください。

保険法人検査実施確認書の発行

検査の結果、瑕疵保険加入住宅と同様の良質性が確保されていることが確認された場合、保険法人から申請者に「保険法人検査実施確認書」が発行されます。

すまい給付金・次世代住宅ポイント

関連のよくあるご質問

申請書記入方法や、申請方法など皆さまからよくある質問を集めました。
窓口に来ていただく前にこちらで調べていただくと便利です。

その他のよくある質問を探す