建築確認申請

センターでは、建築基準法に基づく指定確認検査機関として、滋賀県全域の確認業務を取り扱っており、適判不要のルート2審査も可能です。

取扱区分

建築基準法第6条第1項
第一号~第四号の建築物
建築設備
(昇降機)
工作物
第一号~第三号 第四号
草津本部
大津事務所
近江八幡事務所
彦根事務所

※凡例

○:受付・審査とも可。

△:受付は可。(草津本部で審査および訂正)

□:受付は可。500m2までの建物は審査可。(構造計算付きは草津本部)

確認申請に必要な書類

(1) 建築物の確認申請

(2) 工作物の確認申請

(3) 建築設備(昇降機)の確認申請

 

※確認申請に際しては、上記に定める書類の他、建築基準法施行規則第1条の3の定めにより必要となる図書及び書類の添付をお願いします。

申請書の提出部数

正本及び副本1部の提出とします。以下の場合については、別に定める副本等の提出が必要になります。

  1. 消防同意が必要な場合
    消防同意用副本
  2. 構造計算適合性判定を受けた場合
    適合性判定機関から受け取った適合判定通知書と判定申請書・図書の副本(整合確認後返却)

申請書の提出

申請方法は、次のいずれかとします。

【事前審査ありの場合】

事前審査申請の正本、副本を本申請の正本、副本として申請してください。(事前審査申請時に正本のみの場合は、副本の補足添付が必要となります。)

★”NICEシステム”利用時のオプションサービスご案内

《その場で印刷!! 即・申請 》

窓口での申請の場合、事前審査済申請図書をセンターがプリントアウトし紙折りするサービスを実費負担で承っています。詳しくは各事務所にお問い合わせください。

【事前審査なしの場合】

【共通事項】

申請の流れ

10

「確認済証」の郵送サービス

留意事項

審査に係る期限

建築確認審査に要する標準的な業務期日は、次のとおりとします。

  1. 建築基準法第6条第1項第一号から第三号までに係るもの
    センターが確認の申請書を受理した日から、21日以内(法第6条の2第3項に規定する構造計算適合性判定(以下「適合性判定」という。)を要する場合は35日以内)。
  2. 建築基準法第6条第1項第四号に係るもの、工作物及び建築設備に係るもの
    センターが確認の申請書を受理した日から、7日以内(適合性判定を要する場合は35日以内)。

※確認の申請書を受理した日とは、銀行振込みによる確認申請手数料納付の場合、センターが申請書を受付し、入金を確認した日となります。

確認申請手数料

確認申請手数料はこちらから

建築確認・検査

関連のよくあるご質問

申請書記入方法や、申請方法など皆さまからよくある質問を集めました。
窓口に来ていただく前にこちらで調べていただくと便利です。

その他のよくある質問を探す